上海の空港

上海には、上海虹橋国際空港と上海浦東国際空港との二つの空港があり、両空港共に中国東方航空と上海航空のハブ空港の役目も担っています。中国国内を結ぶ国内便が数多く発着しているのが上海虹橋国際空港で、海外からの国際便が発着しているのが上海浦東国際空港です。上海浦東国際空港からは国内線も発着しており、上海から中国各地へ移動するとき、もしくは中国各地から上海へ移動するときには、どちらの空港なのかを事前に確認しておくのがいいでしょう。

それぞれの空港間は約55キロの距離があり、リムジンバスやタクシーで結ばれています。交通事情によって多少異なりますが、それぞれの空港への乗り継ぎの場合には、60分から90分程度の移動時間も考慮しておく必要があります。日本からの国際便が着く上海浦東国際空港から上海市内中心部までは、約45キロ、時間にして30分から60分程度、タクシーで100から150元、リムジンバスの場合には18から20元です。

また、上海浦東国際空港には、市内から地下鉄が乗り入れており、二号線の龍陽路駅からは世界初の磁気浮上式の実用型リニアモーターカー、上海トランスラピッドが走っています。この2号線は今後、上海虹橋国際空港まで延びる予定があり、繋がると両国際空港間を地下鉄だけで移動できるようになりますから、とても便利になります。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2