水、トイレ、コンビ二

◆水
 中国の水は石灰分の多い硬水で、地元の人も殆ど水道の生水は飲みません。日本人がそのまま飲むと下痢しやすいので、ドリンキングウォーターを飲むようにしましょう。また、氷は水道水をそのまま凍らせていることもあるので、街中では氷入りの飲み物にも注意しましょう。ホテルによっては、ペットボトルの飲料水がサービスで部屋に置いてありますが、ガラスの水入れに水が入れてあるところもあって、その場合には水道水そのままか煮沸水なのかも分かりませんから、飲まない方がいいでしょう。

◆ペットボトルのお茶
中国にはサントリーが進出していることはテレビのコマーシャルなどでご存知でしょうが、上海でもサントリーのペットボトル入り烏龍茶は地元の人にもかなり認知されております。生茶や午後の紅茶なども同様に流通していますが、どれも微糖や低糖がありますから、甘くない方がいい場合には必ず無糖表示のものを選びましょう。

◆トイレ
 中国のトイレは、汚い、臭い、個室がない、など文化的にも相容れないところが多かったのですが、上海では清潔なトイレが増えています。とはいえ、無料の公衆トイレなどは今でも凄まじい状態のところがありますから、有料の公衆トイレかホテルのトイレを移用するようにしましょう。

◆コンビニエンス・ストア
街の中心部にはあちこちに点在しており、ローカルの好徳などのチェーン店の他、日系のファミリーマートやローソンなどのお馴染みのコンビニもあります。日本と同様にレジ清算でレジに打たれた金額が分かりますから、言葉の問題も心配ありません。前述のペットボトル入りの水(2元程度)やお茶(3-4元)などもあります。また、上海市街地の詳しい地図なども5元程度で置いていますから、ひとつ買っておくと何かと便利です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2